kyoufu

6月は転売なんて簡単だと思っていました。
舐めたまま9月に突入。
すると転売のリスクがドッカーンと襲ってきました

9月の売上を集計してみました。

そして、改めて思いました。

転売って怖い」と

 

集計を見ると「売上 53万円」順調に増えています。

普通、転売屋コンサルのサイトではこんなデータがうれしげに公開されていますね

しかし、裏側にはこんな恐怖の真実があるかも知れません。

 

転売の不都合な真実

僕たちは1つ学習しなければならない

ネットに公開されるのは、普通は都合のいい事実だけ。

不都合な真実なんか見せる訳がない。

 

 

「うわぁ~~恥ずかしい」気持ちいっぱいですが

自分で2度と失敗しないため、そして本物の情報を

求める転売初心者のために、

 

不都合な真実を見せてしまいましょう

 

6月はわずか2週間で15万円売って

5万円の利益でした。

 

9月は53万円も売って、

利益はたったの 6万2千円

 

 

こんな利益なら転売なんてヤル意味なし!

 

「あ~あ、がっくり」

 

 

僕の9月分のエクセルの集計を見せましょう

image

 

 

 

なんでこんなことになったのか?

それさえわかれば、あなたは同じ失敗をせずに儲けられると思いませんか?

 

転売がうまく行くとき

6月の段階では、

ビギナーズラックもあり、リピート仕入して稼げる商品がありました。

仕入れた分だけ売れる、再仕入がいくらできる、それがなんと3アイテム。

 

そのうち2商品は、自分でAmazonに登録しました。

つまり独占状態

 

利益率が高いです。

 

 

現金問屋からのメールを見て、利益が取れそうな商品をJANコードでチェック

ワリのいい商品だけを仕入ました。

 

後は趣味に走った仕入をしていてそれが高い利益率をたきだしていました。

 

 

9月は、リピート仕入できた商品がすべてなくなりました。

そこで、メルカリやコンサルの仕入ツアーで仕入をしたのですが

はじめて色々なリスクが表面化してきました。

 

 

転売のリスク

  • 8月の季節家電が軒並み値下がり
    予想はしていましが、予想以上に値崩れした物がチラホラ
  • メルカリ仕入した家電品が初期不良で返品
    マジです、しかも仕入た相手がもう存在しない。
    商品到着後、JANコードで調べたら別の商品だったことも。
  • 間違って仕入れたフィギュアを換金叩き売り
    これは、単純なチェックミスですが、
    フィギュアは同じような名前で違う商品が多い
    利益が大きいからと、買い急ぐなです
  • メルカリ仕入をしたフィギュアに汚れがあり叩き売り
    商品の説明にひと言もなしです。
  • 高値で売れた商品を再度仕入れたら、値崩れしてしまった。
    これはネットショップの仕入でもあります。
    売れたから多く仕入れたら、全然売れなくなったとか
    ライバルが増えたとか
  • メルカリで仕入れたゲームの型番(JAN)が違った。
    ゲームオタクなら知っているかも知れませんが
    ゲームって、同じタイトルでも型番が複数あるんですねぇ。
  • 高かった商品が、急激に値崩れ
    これはモノレートで防げたかも知れません。
    一時的なプレ値ってヤツですね。
  • JANコードが違った
    おっ、利益デカイではなく、
    JANコードまでみて仕入れなければ
    外すことが多々あります。
    知らない商品は絶対にJANコードでチェック

 

 

重要なポイントは赤字にしておきました。

 

 

僕の決断は

仕入はよく調べてからでいい。

 

 

間違って仕入れた時の

精神的ショック、金銭的な損失、マジ痛いです。

 

たまたま、僕がすでに事業者でそこそこの余裕があるので

こんな文章を書いて反省、で済ませます。

 

しかし、これから転売を本業にしようと考えているなら

この転売のリスクは本当に注意です。。